当院では高性能の歯科用CTを院内に設置しています。歯や顎の骨を立体的に3D画像で撮影でき、ドクターはもちろん、患者さんにも視覚的に分かりやすい撮影画像となっています。主に以下の診査・診断に歯科用CTを使用しています。

3D画像

歯科用CTで主に活躍する治療内容

インプラント時の骨の厚み・奥行

CT

事前に顎の骨の厚みや高さ・奥行きなどを立体画像で確認し、埋入の方向や角度、インプラントのサイズを決めていきます。また神経や血管の位置も確認し、不要なトラブルを回避でき、安全にインプラントを埋入することができます。

⇒インプラント治療についてはこちら

親知らずの抜歯時の神経・血管の位置

親知らずで神経や血管の位置?と以外に思われるかもしれませんが、インプラントのトラブルであまり目立たないですが、親知らずの抜歯におけるトラブルも多いと言われています。

親知らずの根の近くに神経や血管が走っていると、抜歯時に不要な出血や顎のシビレが発生してしまいます。これはインプラント時における診断でも大切なことです。そのようなことにならないよう、しっかりと位置を確認します。

⇒親知らずの抜歯についてはこちら

歯の根の破折・膿胞

歯の根は小さくて細かく、通常のレントゲン撮影による平面画像では、歯根の割れ・折れや病巣が見つからないことがあります。これが原因不明の痛みになっていることも多く、歯科用CTで初めて見つかるケースもあります。

当院では、超精密根管治療においても歯科用CTをケースにより役立てております。

⇒超精密根管治療についてはこちら

歯周病時の骨がどれだけ無くなっているか

歯周病時における歯ぐきの後退は、歯ぐきの下にある骨の後退でもあります。また一見なんともない歯ぐきでも歯の土台である骨が大きく減っていることもあります。

そのような骨の退縮がどのように起こっているのか、歯科用CTの立体画像で詳しく見極めることがあります。

⇒歯周病治療についてはこちら

その他にも、さまざまな歯科治療の診断に歯科用CTを役立てています。院内に歯科用CTを導入しているクリニックは限られております。安全で正確な治療をお望みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

モリタ最新機種「ベラビューエポックス3D」を導入

ベラビューエポックス3D

他院でインプラントを行ったが、大きな外の病院にわざわざ足を運んでCT撮影をしにいった…」…そんな経験はございませんか?

当院の歯科用CTは、大病院にあるような、着替えて寝て撮影する面倒はありません。院内に設置され、私服のまま立って撮影するだけのコンパクト設計の機種ですので、通常のレントゲン撮影と同じようにお気軽に行っていただけます。

より少ないX線量で、高品質な3D画像が得られるモリタの最新機種です。多彩な画像処理により、多角的な観察ができますので、的確な診断に役立てております。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

047-404-8211
業者様専用電話:070-5575-8211
[ 月~金曜 ] 10:00-13:30 / 15:00-20:00(最終受付19:30)
[ 土日・祝 ] 10:00-13:00 / 14:00-18:00(最終受付17:30)
  • アクセス・地図
  • 初診診療・無料相談

診療時間
土曜・日曜・祝日は10:00-13:00 / 14:00-18:00

地図

新京成線「三咲駅」バスロータリー内
〒274-0812 千葉県船橋市三咲2-2-2