PMTC(歯のクリーニング)

歯の汚れ術前・術後

当院では、虫歯や歯周病予防のための、PMTCや歯石除去を行っております。また歯の着色汚れや黄ばみなど、見た目が気になる方のためのクリーニングも受け付けております。

回転ブラシやラバー状のカップ、エアフロー、超音波スケーラー等、クリーニング専用の機械を使って、タバコによるヤニや黄ばみ、コーヒー・紅茶などによるステイン(着色汚れ)を丁寧に落としていきます。

クリーニング

普段の歯ブラシでは取りにくい、歯と歯ぐきの境目・歯の裏にある歯垢や歯石も除去できるので、施術後後は歯がツルツルになり、虫歯や歯周病の予防につながります。

クリーニングで思ったように歯の白さを得たい方は、ホワイトニングの方法もあります。

またPMTC最大の意義は、次でご紹介する目に見えない細菌の固まり(バイオフィルム)の分解にあります。

普段の歯ブラシでは、虫歯・歯周病の細菌は落とせない

PMTCでバイオフィルムの除去

バイオフィルム

バイオフィルムは聞きなれない言葉だと思いますが、一言で言うと「ネバネバ細菌の固まり」です。

排水溝にあるヌメヌメとした汚れと同じようなもので、目に見えないバイオフィルムは通常の歯ブラシでは落とすことができず、歯科医院の専用の器具で機械的に分解・除去してもらう必要があります。

歯周病の疑いのある方は、朝起きると口の中が粘ついていることもあります。これが症状で感じ取ることのあるバイオフィルムです。定期的に歯科医院でクリーニングをお受けいただくことで、バイオフィルムを除去し、虫歯や歯周病を予防します。

矯正歯科で予防歯科

歯並びと咬み合わせの改善

矯正歯科

どんなに普段の歯ブラシを頑張ったとしても、歯並びが悪いことにより磨き残しが出たり、唾液の回流が低下したりすると、十分な予防はできません。

また咬み合わせのバランスが悪く、一部の歯が強く噛んで当たってしまうと、歯茎の出血や歯ぐきが下がってきたり、歯の崩壊につながる恐れもあります。

当院では予防のための矯正歯科治療もおすすめしております。

⇒矯正歯科についてはこちら

予防歯科の考え方

定期検診は生涯の歯科治療を抑えられる

先進国の中で、日本は未だ予防の意識が低く、歯科を受診される方は、治療のためということがほとんどです。一度悪くなってしまうと治療は長期化しやすく、金額もかかります。しかし、治療が必要だとしても早期発見された軽度の病変であれば治療回数、金額も抑えることができます。

口腔内の状態は2~3ヵ月で変わっていき、6ヵ月もすると大幅に変わってしまう方もいます。当院では、個々人に合った適切な間隔で定期検診を実施して、病変の早期発見、健康な口腔状態の維持に努めています。

スクリーニングの大切さ

複数の人間のチェックが入ることで、病変の見落としは大幅に減らすことが可能です。専門の知識を有する、歯科医師、歯科衛生士がチェックを行い、口腔内の異常を早期に発見していきます。歯石に隠れて歯科医師も見つけられなかった虫歯も、クリーニングにより歯石を除去することで、歯科衛生士が発見することもあります。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

047-404-8211
業者様専用電話:070-5575-8211
[ 月~金曜 ] 10:00-13:30 / 15:00-20:00(最終受付19:30)
[ 土日・祝 ] 10:00-13:00 / 14:00-18:00(最終受付17:30)
  • アクセス・地図
  • 初診診療・無料相談

診療時間
土曜・日曜・祝日は10:00-13:00 / 14:00-18:00

地図

新京成線「三咲駅」バスロータリー内
〒274-0812 千葉県船橋市三咲2-2-2