歯医者が嫌い・足が遠のく・中々行けない、という原因に「痛みが苦手」痛いのが怖い」という人も少なくありません。

当院では、痛みの無い治療を目指しており、導入設備や技術にさまざまな物を取り入れています。ここでは痛みを和らげる工夫の一部をご紹介いたします。

無痛麻酔の方法

一般的な歯医者さんでは、痛みの一つに「麻酔が痛い」ということがよく言われております。当院では麻酔時の痛みを和らげるために、以下の設備を取り入れています。

表面麻酔ジェル

表面麻酔ジェル

麻酔注射針のチクッとした刺激を和らげるため、事前に歯ぐきにジェル状の表面麻酔を行います。このジェルを塗ると、歯ぐきの表面が数秒で麻痺してきますので、針が刺さる感覚がまず無くなります。

麻酔液を温めるウォーマー

ウォーマー

一般的な麻酔が痛い、と言われる理由の一つが麻酔液と患者さんご自身の体温との温度差です。事前に麻酔液専用のカートリッジウォーマーで麻酔液を人肌程度の温度に温めることで、麻酔液を注入するときの刺激を軽減します。

33Gの極細麻酔針

極細麻酔針

麻酔の針は、33G(ゲージ)と呼ばれる数値の一番細いタイプを使用します。一般的な医科の採血で使われる注射針は20Gほどで、この数値が高いほど、針は細くなっていきます。

自動麻酔液注入器

自動麻酔液注入器

一般的な麻酔時の痛みの一番の原因は、麻酔液の圧力です。麻酔はゆっくり打たなければいけないのですが、人間の手で麻酔注射をすると、どうしてもムラが出てきます。

この自動麻酔液注入器は、コンピューター制御で管理され、一定の液量でゆっくり正確に注入していきます。そのため麻酔時に起きる圧力痛を極力軽減します。

上記の4点は、全く無くても当院のドクターは、痛くない麻酔注射を打つことが可能ですが、念のために導入しております。「いつ麻酔をしたんですか?」と言われることもあり、患者さんには好評をいただいております。

個人差がありますので、まったく痛まないとは言えないのですが、この無痛麻酔を取り入れている歯科医院は限られておりますので、痛みが苦手な方は、一度当院までご相談いただければと思います。

静脈内鎮静法

インプラント等の外科処置におけるオプション麻酔

静脈内鎮静法

当院では、インプラント等の外科処置における麻酔の方法として、リラックスしながら治療をお受けいただける静脈内鎮静法を取りれております。

眠っているような感覚で施術をお受けいただけ、治療終了時には「もう終わったのですか?」との感想を多くいただいており、皆さんには好評をいただいているオプション麻酔法の一つです。

経験と実績が豊富な麻酔専門医による管理下で、万全の体制で安全に行われます。インプラントやその他の外科処置時において、どうしても痛みが怖いという方はご相談ください。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

047-404-8211
業者様専用電話:070-5575-8211
[ 月~金曜 ] 10:00-13:30 / 15:00-20:00(最終受付19:30)
[ 土日・祝 ] 10:00-13:00 / 14:00-18:00(最終受付17:30)
  • アクセス・地図
  • 初診診療・無料相談

診療時間
土曜・日曜・祝日は10:00-13:00 / 14:00-18:00

地図

新京成線「三咲駅」バスロータリー内
〒274-0812 千葉県船橋市三咲2-2-2