当院では歯科口腔外科の専門医と連携を取り、安全に歯科領域における外科処置を行っていきます。当院では、起こり得る症状をあらかじめ説明し、不安を残したままの処置は行いません。ここでは、当院おける歯科口腔外科の治療をご紹介いたします。

親知らず抜歯(智歯抜歯)

親知らず

親知らず(智歯)があっても、特に症状がない場合は、そのまま放置していても問題がないことが多いです。しかし、歯茎が腫れて痛みがある、虫歯になっている等の場合は、抜歯をした方が良いことがあります。

歯の生え方、歯の周囲の骨のかぶさり方により、抜歯の術式が変わるため、精査した後に処置を行います。

顎関節症

スプリント

顎が痛くて口が開けられない、顎が疲れる等の症状は顎関節症の疑いがあります。顎関節症も歯科口腔外科の領域になります。

当院では、スプリントによるマウスピース治療を行っております。

マウスピース治療

顎関節症のほとんどは、咬み合わせが原因で生じます。マウスピースによる咬み合わせ治療は、型採りを行い、次の診療でお渡しできるもので、口腔内の形を変えずに行うことのできる体に優しい治療法です。

マウスピースによる咬み合わせの調整によって、顎関節の負担を減らすことが可能です。保険治療の範囲で行うことができます。

スポーツ用マウスピース

マウスピース

スポーツにおける接触や転倒など、衝撃から歯を守る方法の一つに歯科医院で製作するオーダーメイドのマウスピースがあります。

歯の打撲や破折の予防だけでなく、唇や頬を切らないで済んだり、小学生のサッカーなどはヘディング時における脳震盪の防止、スポーツ全般における瞬発力アップの効果が期待できます。

ラグビーやアメリカンフットボール等、激しい接触があるスポーツはもちろん、最近では行儀人口の増えているラクロスやソフトボール、野球などでもマウスピースの需要が高まっています。近年は、小学校・中学校のクラブ活動におけるマウスピース装着の必要性がメディアに度々報告されています。

費用は2~5万円ほどで、カラフルなものから無色まで、お好みに合わせて様々なタイプがあります。歯科医院で製作するスポーツ用マウスピースにご興味のある方はお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

外傷(折れた・ぶつけた・抜け落ちた場合の治療)

歯の保存液

子どもから大人まで、接触や転倒などで歯が折れたり抜けたりした場合の外傷治療を行っております。大きな衝撃で歯をぶつけた場合の打撲程度もご相談ください。

歯が折れたり抜けてしまったりした場合は、歯の根元に再生する組織が付着していますので、手で持たず、歯の保存液や牛乳を代用し、その中に入れてなるべく早く歯科医院を受診します。再植の成功率の目安は抜け落ちてから20分ほどです。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

047-404-8211
業者様専用電話:070-5575-8211
[ 月~金曜 ] 10:00-13:30 / 15:00-20:00(最終受付19:30)
[ 土日・祝 ] 10:00-13:00 / 14:00-18:00(最終受付17:30)
  • アクセス・地図
  • 初診診療・無料相談

診療時間
土曜・日曜・祝日は10:00-13:00 / 14:00-18:00

地図

新京成線「三咲駅」バスロータリー内
〒274-0812 千葉県船橋市三咲2-2-2